2013年03月27日

情報懇談会・濱口梧陵シンポ

大下英治氏.jpg
 和歌山放送の第95回情報懇談会が27日午後、和歌山市のホテルアバローム紀の国で開かれました。
今回は、和歌山放送創立55周年記念文化シンポジウムとして、28日に講談社から「津波救国 稲むらの火・濱口梧陵伝」を出版する作家の大下英治さんが「近代日本の礎づくりに活躍した紀州の人々」と題して基調講演、さらに大下さんのほか、自民党国土強靱化調査会会長の二階俊博代議士、仁坂吉伸和歌山県知事、白倉充広川町長が「濱口梧陵伝の現代的意義」と題してパネルディスカッションを展開しました。
会場は会員のほか各自治体の首長や防災担当者ら約250人で埋まり、議論を熱心に聞き入っていました。
 基調講演とパネルディスカッションの模様は、それぞれ今月31日と来月7日の午後1時から1時間の特別番組で放送されます。また大下さんの本は連続ラジオ小説「津波救国<稲むらの火>濱口梧陵伝」として4月1日から放送されることも決まりました。。毎週月曜日から木曜日の午後4時5分から10分間、の放送です。ぜひお聞きください。

大下、二階氏.jpg
仁坂知事、白倉町長.jpg続きを読む
posted by nkouji at 23:42| Comment(0) | 和歌山放送のこと