2013年07月26日

Le Velvets(ル・ヴェルヴェッツ)

 
 いま売出し中のイケメン男性5人のボーカルグループ「Le Velvets(ル・ヴェルヴェッツ)」が26日、京都市左京区の吉田山のふもとの小さな音楽ホール「錦鱗館(きんりんかん)」(京都市左京区吉田神楽岡町3番地)で開いたホームコンサートに招待される幸運に恵まれました。
 60人も入れば満員という小さなホールで、クラシックの本格的なボーカルグループの歌声をピアノの伴奏のみ、時にはアカペラでマイクオフの生歌で思う存分聴けたのですからこんな贅沢はありません。
IMG_5476.JPG
IMG_5467.JPG 
 高級住宅街の一角、こんなところに音楽ホールが、と探しながら歩いていると、素敵な門構えの住宅に表札のような「錦鱗館」の看板が。門を入って坂道を下り、普通の住宅のような玄関を開けると隠れ家的な存在のホールが出現しました。 
 Le Velvets は、「上質なベルベットのような柔らかいハーモニーと上品な佇まいで、贅沢な時間と空間を演出するボーカル・グループ」を目指して名付けられたそうで、東京芸大など音楽大学出身者のテノール3人、バリトン2人の男性5人で構成、身長180センチ以上のイケメン揃い。
 和歌山では、島精機製作所の創立50周年記念式典に出演して、参加者の間で話題を呼びました。
 故島和代夫人も、その歌声に魅了された一人で、熱烈なファンだったことから、和代さんの社葬では、島さんの遺影に5人が涙をこらえながら歌っていたのが印象的でした。
 この日は、オペラやジャズ・ポップス、美空ひばりの演歌「津軽のふるさと」や民謡、アンコールではサッカーの国際試合で歌いその良さを再認識したという国家「君が代」まで飛び出しましたが、中でも私は和代さんの社葬の際に彼らが捧げた曲「The Letter To My Mother(母への手紙)」がいろんな思い出が呼び起され印象的でした。
ル・ベルベッツ2013年07月26日0001.jpg
(最新のCDジャケット) 
posted by nkouji at 23:54| Comment(0) | あちこちの話

2013年07月16日

杉良太郎さん紀の川の果樹園へ

IMG_5359.jpg 
 歌手で俳優の杉良太郎さんが、奥さんの伍代夏子さんと共に、15日午後、紀の川市を私的に桃の果樹園を訪れるというので同行しました。
 今年から、紀の川市の特産の桃の栽培に取り組み、桃山町段新田およそ300平方メートルの桃園を借りて「杉良太郎果樹園」としてきましたが、今回初の収穫で、特産の桃狩りを楽しむことになったそうです。
IMG_5362.jpg
 あいにくの雨でしたが、桃園を杉さんと伍代さん夫妻が訪れるというので、近くの農家の主婦やファンは大喜び。プライベートの訪問でしたが、お二人とも記念撮影やサインに笑顔で応じていました。
 プライベートとはいえ、25年間も、日本ベトナム友好大使をつとめる杉さんだけに、ドアン・スァン・フン ベトナム大使や日本ベトナム議員連盟の会長を務める二階俊博代議士、和歌山県の下宏副知事、紀の川市の中村慎司市長らと、紀の川市の平池を訪れ、日本とベトナムの友好のシンボルにならないか、と池で栽培されている古代ハスの大賀ハスを視察、桃狩りの後訪れた青洲の里の休憩所では、ベトナムとの友好話が続いていました。続きを読む
posted by nkouji at 13:06| Comment(0) | 和歌山元気印

2013年07月06日

葵ちゃんがお城を散歩

IMG_5244.JPG
 久しぶりに和歌山城のクスノキさんにお参りに行くと、ちょうどミニホースの葵ちゃんの散歩を遭遇しました。前回は女性飼育員と、今回は二人の飼育員に連れられて二の丸庭園を回っていました。
 このミニホースは、私も所属する和歌山南ロータリークラブが創立50周年記念事業の一環で、全国でも珍しいお城の中の動物園に寄贈したもので、この暑さで大変ですが、こうして飼育員の方に大事に育てられているのを見ると、うれしくなってつい声をかけてしまいました。
posted by nkouji at 07:58| Comment(0) | 和歌山城物語

女流シェフ復活

IMG_5255.JPG

 知人でイタリアンの女流シェフ・田邉美里さんがこのほど和歌山市小松原通3−22に「レストラン GOGOKichen(ゴーゴーキッチン)」(073-424-7339)をオープン、さっそく家族で「和歌山特産の海産物や山の幸、野菜を生かした料理」を満喫してきました。
 美里さんは、7年程前オープンしたイタリアンの店のシェフをされ、その日その日の新鮮な食材をうまく生かした料理を提供、家族でファンになっていました。ご本人も「シェフの仕事がライブのように楽しい」と言っておられたのですが、事情があって1年半ほど前からその店を辞めていました。
 今回は「55歳の誕生日を機に名前も55(ゴーゴー)としてシェフとして再出発します」といい、駆けつけました。
 さっそく新鮮な姫さざえとタコを使ったエスカルゴ風オーブン焼きなど、何が出てくるか楽しみな「ライブ感」を味わうことが出来ました。
IMG_5248.JPG
IMG_5256.JPG
 
posted by nkouji at 07:34| Comment(0) | おいしいもんみっけ