2013年10月26日

わかやまの底力事業の報告会と選考会

IMG_6159.jpg
和歌山市が実施する今年度の「わかやまの底力・市民提案実施事業」の中間報告会と「翌年度で実施したい部門」の2次選考会が26日和歌山市本町2丁目のフォルテワジマにある「NPO・ボランティアサロン」で開かれました。
 わかやまの底力事業は、和歌山市が、市民のアイデアや意欲をまちづくりに活かし、市の担当課職員と「協働(きょうどう)」することで和歌山を元気にしようとするもので、2005年度から毎年実施され、私も選考委員として参加しています。
 中間報告会は午前9時半から、市民グループやNPOの代表、市の職員らおよそ100人が参加して開かれました。午前中は、すでに今年度の事業として採択された13組のNPOや市民グループが、イベントや事業の経過や成果を報告するとともに、担当窓口となった市役所の職員もその成果や課題などを報告しました。今年度の事業(約50万円)は年々応募も増え多種多様な企画が寄せられていますが、今回も「地元の産業を見直そう“かっこいい職人・産業写真展”事業」や和歌山城などをもっと見直そうという「わかやまのぬりえ」や「お城再建55フェスタ」、この事業をきっかけに全国大会で準優勝したという「科学体験プログラム〜ロケットとロボットを親子で学ぼう」など、各分野の市民グループが知恵とアイディアを競うものばかりです。
 午後からは、翌年度に実施する事業(約150万円)に対する提案の公開2次審査会が行われ、書類選考を通過した3組がプロジェクターなどを使って提案説明を行いました。審査の結果、1位には、今年度事業にも採択されている和歌山市府中の「NPO法人にこにこのうえん」がゼロ歳児から未就学児とその保護者や家族を対象に、平日の農園を自然育児スペースとして開放し、畑仕事などをつうじて子育て世代が交流できる場を提供するという「自主保育応援プロジェクト」の提案が高い評価を得ました。この選考会で3組の順位が決まりましたが、和歌山市では、この審査結果をふまえ、大橋建一市長が採用する事業を最終決定することにしています。
 翌年度事業への応募は年々少なくなっており、募集の仕方や協働する市側の担当課との意識差などが来年度以降の課題となりそうです。
posted by nkouji at 20:15| Comment(0) | 和歌山元気印

2013年10月25日

第98回情報懇談会

25a1f87e0eb266b729af04fceecf6c03f-400x300.jpg

IMG_6152.JPG
和歌山放送の第98回情報懇談会が25日午後、和歌山市のホテルグランヴィア和歌山で開かれ、内閣官房参与で京都大学大学院教授の藤井聡氏が「和歌山の強靱化、日本の強靱化を目指して」と題して講演しました。
 今回の開催は、和歌山県と県・市長会、県・町村会の後援のほか、浅井建設グループ、和歌山県生コンクリート協同組合連合会、全国旅行業協会の協賛で実現しました。安倍政権の国土強靭化計画のオピニオンリーダーでしかも内閣で防災減災ニューディール政策担当の講演だけに、台風の接近にもかかわらず、各界のトップに加えて県や県内各自治体の首長や議会議員らおよそ230人が参加、熱心に聞き入っていました。続きを読む
posted by nkouji at 23:22| Comment(0) | 和歌山放送のこと

2013年10月24日

人間万歳 秋の憩いコンサート

iphon131024 479.jpg
(和歌山放送のお昼の番組「小田川和彦のお昼は全開!リクエスト」の「人間万歳」のコーナーに出演した和歌山南ロータリークラブ高齢者問題委員会の樫畑国俊委員長=左)
ズーラシアンブラス2013年10月24日pdf0001.jpg

 和歌山放送のお昼の番組「小田川和彦のお昼は全開!リクエスト」で毎月第4木曜日「人間万歳」のコーナー(14時20分〜、和歌山南ロータリークラブ提供)がありますが、今月24日の出演者は、同ロータリークラブ高齢者問題委員会の樫畑国俊委員長。来月2日に和歌山県立近代美術館のアプローチプラザ(大きな庇の下の広場)で開かれる「秋の憩いコンサート」(和歌山南ロータリークラブ主催、和歌山県立近代美術館友の会協力)の参加を呼びかけました。
 このコンサートは、高齢者や障害者そしてこどもたちにも「みんなにやさしい和歌山」をテーマに開催するもので、動物たちの姿をした音楽隊としてよこはま動物園を拠点に全国各地のホールで演奏会を開催、絵本に出てくるような金管五重奏として世界的にも著名な「ズーラシアンブラス」が和歌山に初登場します。
 開演は午後1時50分、午後3時40分まで和歌山大学付属中学校吹奏楽部、和歌山市語り部クラブ、アコースティックユニット「天の羊」なども出演して、かってはお城の一角だった美術館のアプローチプラザを使って秋のひと時を音楽で楽しんでもらう企画です。
 入場は無料。小雨決行だそうです。
posted by nkouji at 16:56| Comment(0) | 和歌山放送のこと