2013年12月15日

ゲストカフェに田岡実千年・新宮市長

田岡市長unnamed.jpg

 いつもは日曜正午からの和歌山放送の番組「ゲストカフェ」(約1時間)ですが、15日は午後1時から午後2時までに変更、ゲストはこの10月に新宮市長に再選されたばかりの田岡実千年(たおか・みちとし)さんです。
 1961年2月生まれでまだ52歳という若さ。新宮高校からカメラマンを目指し大阪芸術学部写真学科卒業。家業の「株式会社カメラのタオカ」を継ぎ、毎日放送の駐在カメラマンとしても活躍していましたが、8年前の市長選に打って出て激戦を制して初当選しました。
 市制への関心は、新宮青年会議所で理事長をつとめるなどの活動の中で芽生えたといい、市政改革の問いかけが若年層からの支持を得たのではないか、と自己分析されています。
 リクエスト曲は、中学生時代の思い出の曲、井上陽水「夢の中へ」、20歳ころの河島英五「時代遅れ」、やしきたかじん「東京」など。
 赤井ゆかりさんとの会話の中で、市政改革の推進、防災面で「市民の命を守る」という固い決意や、2期目に入って新宮再発見のため市民とのふれあいの時間をさらに増やすなど・・・市長としての決意や思いのほか、手打ちうどんという意外な趣味の話などが飛び出しています。
 
posted by nkouji at 13:44| Comment(0) | 和歌山放送のこと