2015年03月16日

台湾・高雄市の旅

IMG_1462.JPG
先週末、台湾・高尾に2泊3日で行ってきました。現地の岡山ロータリークラブの創立50周年を記念式典に参加するのが目的。ほとんど団体行動で自由時間もなかったのですが、初の台湾は南国の雰囲気で新鮮でした。
予想以上の熱烈歓迎で、昼食も延々と2時間以上、2晩続きの歓迎会、50周年記念式典の祝宴も豪華な中華料理で参りました。中でもびっくりしたのが、佛跳牆(ぶっちょうしょう、フォーティャオチァン=写真上)という高級スープ。海や山の幸の高級食材の乾物を数日かけて調理する福建料理の伝統的な料理。「仏跳湯」、「仏跳醤」とも呼ばれ、名前は、お坊さんがスープのあまりにいい香りに垣根を跳び越えて飲みに行くという意味とか。壷に入って出てくるもので、店によっては一壷なんと数十万もする高価なものと聞いてびっくりします。
また、南国だけに街や夜市を歩くとこれまで食べたこともない果物が。そんななかで、見てくれは悪いのですが、意外と美味しくてハマってしまったのが、レンブ(蓮霧)です。フトモモ科ジャワフトモモの果実。
最初は、ピーマンのようでとてもフルーツには見えなかったのですが食べると、リンゴとナシの中間のようなあっさりとした味わい。ミネラルが豊富で、カリウムも多く含まれていると聞くと、現地で愛されて理由が納得出来ます。
IMG_1484.JPG
(赤いピーマンのようなのがレンブ・蓮霧)
posted by nkouji at 23:15| Comment(0) | あちこちの話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。