2015年04月28日

寺下真理子さんのクローズドコンサート

IMG_2013.JPG
IMG_2014.JPG
 和歌山市のダイワロイネットホテルで28日開かれたロータリークラブの例会で、和歌山出身のヴァイオリニスト 寺下真理子さんのクローズドコンサートというか「私のヴァイオリン」と題した卓話と演奏を聴く幸運に恵まれました。
 寺下さんの演奏を聴くのはこれで2度目。和歌山市出身。5歳よりヴァイオリンを始め、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学器楽科ヴァイオリン専攻、ブリュッセル王立音楽院修士課程卒業と輝かしい経歴。2002年には、五嶋みどりデビュー20周年記念コンサートに出演し、大阪NHKホールで五嶋みどり、及川浩治両氏と共演したほか、カルテット、ピアノトリオなど、室内楽の分野にも精力的に取り組んでいる。08年には東京文化会館にてデビューリサイタルを開催し、2013年2月にはデビューCDを発売、銀座ヤマハホールにてCD発売記念コンサートを開催し、各方面から高い評価を得ており、私も注目していました。
cd_mariko_2_ave_maria.jpg
 今年2月4日にはメジャー・デビュー・アルバムの『Ave Maria』を発売したばかり。
今日の演奏は、ピアニストの宮井愛子さんを相手にアルバム入っているロンドンデリーの歌、アメイジング・グレイスなど数曲を演奏、すぐ間近で堪能しました。
私は中でも、寺下さん自ら作曲したという「Home of spirits」に惹きつけられ、その才能にも舌を巻きました。

posted by nkouji at 18:54| Comment(0) | 和歌山を歌の街に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。