2013年10月25日

第98回情報懇談会

25a1f87e0eb266b729af04fceecf6c03f-400x300.jpg

IMG_6152.JPG
和歌山放送の第98回情報懇談会が25日午後、和歌山市のホテルグランヴィア和歌山で開かれ、内閣官房参与で京都大学大学院教授の藤井聡氏が「和歌山の強靱化、日本の強靱化を目指して」と題して講演しました。
 今回の開催は、和歌山県と県・市長会、県・町村会の後援のほか、浅井建設グループ、和歌山県生コンクリート協同組合連合会、全国旅行業協会の協賛で実現しました。安倍政権の国土強靭化計画のオピニオンリーダーでしかも内閣で防災減災ニューディール政策担当の講演だけに、台風の接近にもかかわらず、各界のトップに加えて県や県内各自治体の首長や議会議員らおよそ230人が参加、熱心に聞き入っていました。情報懇・藤井聡氏2013年10月25日23時23分14秒0001.jpg
 藤井教授は、安倍政権の「国土の強靭化」の理論的支柱となっていますが、私がすごいな、ぜひ情報懇談会でお呼びしたいなと思ったのは、こうした論調は政権が変わったから、ではなく、民主党政権の時にも堂々と、道路や新幹線など公共事業の重要性を訴え、南海トラフ巨大地震など東日本大震災クラスの大震災に対して被害を最小限にするためにも、思い切った前倒しの公共工事が必要なんだ、ということを訴え続けてこられました。その論調は全くぶれないし、長いデフレで縮み指向の発想に正に活を入れるものでした。。
 国土強靭化は、道路などの公共工事ばかりではありません。東日本大震災の時に一番役に立ったのは、ラジオだったという教訓を生かして、私どもラジオ局にも大きく関わる「放送ネットワークの強靭化」という問題も今回総務省の下で予算化が進んでいます。大災害で停電した際、いかに国民、県民に情報を送り続けられるか、という我々放送界にとっても重要なテーマになっていまいます。
 さらに藤井教授は政府の主要45項目のプロジェクトに「ラジオの強靱化」が含まれていることにも触れ、「災害発生から少なくとも1週間は、重要な情報源はテレビでも電話でもありません。ポータブルラジオがライフライン情報の重要なツールになる」と、ラジオ局が大規模災害時でも放送を維持するために国が支援する必要性を改めて強く訴えました。
 また、日本の高速道路の整備が主要先進国の中で立ち遅れている状況について「メディアの報道で日本は道路王国という誤解がまん延している」とワンパターンの論調の怖さを強調。東京の1極集中を避け、地域経済を強靭化するためにも、地域への整備新幹線整備と道路網の整備の重要性を改めて訴えました。
 1時間半の講演の後も熱心な質疑が続き、参加者らは「目からウロコがおちるような話だった」という意見が上がるなど感動を呼ぶ懇談会となりました。

posted by nkouji at 23:22| Comment(0) | 和歌山放送のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。