2013年11月28日

人間万歳にサッカーアルテリーヴォ児玉GMら

IMG_6531.jpg
(アルテリーヴォ和歌山のゼネラルマネージャー児玉佳世子さん=左と、阿部選手、三本菅選手=右から)

 28日午後の和歌山放送「小田川和彦のお昼は全開!リクエスト」内のコーナー「人間万歳」(午後2時20分から約10分間、和歌山南ロータリークラブ提供)のゲストは、サッカーチーム「アルテリーヴォ和歌山」のゼネラルマネージャー児玉佳世子さんです。
児玉さんは、特定非営利活動法人「和歌山からJリーグチームをつくる会」(板倉徹理事長)で設立当初から奮闘中で、今日は選手会長の阿部巧也選手、三本菅(さんぼんすげ)崇選手の2人とともに出演しました。
 児玉さんによると、アルテリーヴォ和歌山は05年に10人余で「和歌山にもJrリーグを目指すサッカーチームをつくりたいね」という井戸端会議から始まり、06年には「NPO和歌山からJリーグをつくる会」として発足、チーム名は、イタリヤ語でARTE(芸術)とARRIVO(到達)をあわせた造語で、公募で決定しました。
 現在アマチュアリーグの地域リーグ「関西サッカーリーグ1部」に所属、近い将来には同リーグの最高峰JFL(18チーム)、さらにはプロリーグのJ2、最終的にはJ1を目指しています。
 選手のうち和歌山出身は、約三分の一。阿部選手は山形、三本菅選手は神奈川出身など全国から集まった選手が働きながらJ1の晴れ舞台を目指して頑張っています。
 選手会長の阿部選手は「Jリーグを目指すには、ここからが勝負。一歩一歩上を目指して頑張ります」。選手の“お母さん”てきな存在で、創立当初から面倒を見てきた児玉さんは「当初和歌山にはサッカーチームはいらんという人もいたが、後援会も振興局単位で支部もできて応援をいただいています。これからが正念場で皆さんのさらなる応援支援を」と呼びかけていました。
posted by nkouji at 15:59| Comment(0) | 和歌山放送のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。