2013年12月26日

「和歌山トライアンズ」の森太郎企画広報部長

IMG_9838.jpgIMG_6816.jpg
 
 26日午後の和歌山放送「小田川和彦のお昼は全開!リクエスト」内のコーナー「人間万歳」(午後2時20分から約10分間、和歌山南ロータリークラブ提供)のゲストは、和歌山市を本拠として今年誕生した男子バスケットボールプロチーム「和歌山トライアンズ」の企画広報部の森太郎部長です。
「和歌山トライアンズ」は、今季限りで休部となった「パナソニック・トライアンズ」を引き継ぐ形で和歌山市梅原のノーリツ鋼機内にあるノーリツアリーナ和歌山を拠点に誕生。9月開幕のナショナルリーグ(NBL)に加入しました。
 12チームが加盟していますが、森部長によりますと、現在16勝8敗で2位の成績。戦力補強で全日本代表クラスの一流選手が所属しており、1人でも多くの和歌山県民、市民の方が、ノーリツアリーナまで足を運んで、生の試合の迫力に触れてほしい、と呼びかけていました。
 入場料は、2000円から10000円までコートに近いところが高くなるそうで、ベンチ脇の席ではヘッドコーチの声まで聞こえて迫力満点だそうです。
 15人の本格的なチアリーダーも迫力十分で、ブースタークラブ(サッカーでサポータークラブ)に加入したり、グッズ購入などでの市民の応援を呼びかけていました。 
 先月も「人間万歳」では和歌山を拠点にしたサッカーチーム「アルテリーヴォ和歌山」のゼネラルマ
ネージャーや選手に出演してもらいましたが、スポーツで県民が一丸となれるよう応援していきたいものです。
posted by nkouji at 15:38| Comment(0) | 千客万来
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。